企業内看護師の仕事内容「特定健診・特定保健指導」

企業内看護師の仕事内容「特定健診・特定保健指導」

病院やクリニックで仕事をしていると、病気にかかっている人の治療に関するケアをするのが看護師の主要な仕事になります。ところが企業内看護師になった場合、病気になってからというよりも、いかにして従業員が病気にならないようにするかという予防の方に重きの置かれる傾向があります。

 

そこで現在企業内看護師の中でも注目されているのが、特定健診・特定保健指導という業務です。これは健康診断の一種で、いわゆる生活習慣病を早期発見することを目的として実施しています。生活習慣病は、これという自覚症状が起きないこともあるので、あまり重視していない従業員も多いのです。

 

しかし放置していると後々重大な疾患に発展する危険がありますので、いかにしてこの健康診断を従業員に受けさせるかが企業内看護師の役割なのです。従業員と何でも話せる良好な関係を築く、講習会を定期的に開催して、生活習慣病への意識を高めてもらうなどの対策が求められます。