工場の医務室で働く企業内看護師になるには

工場の医務室で働く企業内看護師になるには

企業の中には、工場の中に医務室を設けていて、そこで勤務する看護師を募集しているケースもあります。工場で勤務する場合には、労働災害に対応できるところをアピールする必要があります。工場では高所からの転落や火災、上からの落下物の下敷きになる、機械に巻き込まれる・挟まれるということが起きる可能性は高いです。また夏場熱を取り扱う工場では、熱中症の危険もあります。

 

そこで労働災害が起きたときに迅速に対処のできるような、ある程度の臨床経験を持っている看護師の方が好ましいといえます。その他には労働災害が発生した場合、労災保険の適用される可能性が高いです。そこで労災保険のシステムがどのようになっているか理解していると、就職活動の時に有力な武器になります。

 

また看護師以外の資格がありませんか?もしかするとその資格が就職にプラスに働く可能性もあります。危険物取扱者や毒物・劇物取扱者資格を持っている人はかなり大きな武器になりえます。