企業内看護師になるには 〜医務室に採用されるための求人の探し方〜

企業内看護師になるには

企業内看護師の求人の見方をおさえる!

会社の中に産業医を常駐させている企業もあることはありますが、それはかなりの大企業でごく一部です。企業内に医務室を設けている所はたいていが企業内看護師1人が常駐しているというシステムをとっています。つまり従業員の健康管理は、基本的にすべて企業内看護師がこなしていかないといけません。そこで責任感や適切な判断力を持った人材を求める傾向が見られます。

 

会社としては、体調やメンタルヘルスを崩してしまって、従業員が長期休養をするとか離職をすることで人材を失わないようにしたいという思惑があります。離職や長期休養を強いられる前に、従業員の異変をいち早く察知して、対処してくれる看護師が求められます。そこでそれなりに長い臨床経験を持っている看護師の方が採用されやすいです。

 

またコミュニケーション能力を持っている看護師を求める傾向が見られます。従業員からの信頼を受けるためには、とにかく話をすることが大事です。従業員が遠慮しないで何でも話せるような雰囲気を持った看護師になることです。

 

さらに、常勤だけではなく非常勤の求人もあるので、いきなり正職員として働くことに不安がある方は、パートやアルバイトから始めてみてはいかがでしょうか。参考サイト:【保健師専門】パートタイム・アルバイトの求人案内所

 

企業内看護師ならではマナーを身につける

企業内看護師になったということは、その会社の社員の一人になったことを意味しています。病院やクリニックで勤務してきた人の中には、細かなビジネスマナーに関して身についていない人もいるでしょう。企業内看護師になってしばらくの間は、病院で働くことと一般企業で働くことにギャップを感じて悩む人も実際たくさんいます。

 

そこで企業内看護師になるにあたって、ビジネスマナーをマスターしておくことは大事です。医療機関で勤務をしていると、電話の応対や名刺交換などはなかなか経験できないはずです。しかし一般企業で仕事をすることになれば、このようなビジネスマナーが必須になります。

 

ビジネスマナーの基本をしっかりと勉強してから、企業内看護師の求人に応募すべきです。そして採用試験を受けるときには、ビジネスマナーやスキルの持っていることのアピールを積極的に行ってください。ただ知識として身につけるだけでなく、実践して練習を繰り返し体に覚えさせることが大事です。

 

企業内看護師に必要なのは「メンタルヘルス」のスキル

夜勤がなくて土日や祝日が休みになるということもあって、企業内看護師への転職を希望する人が増えてきています。企業内看護師になるためには、これまで病院やクリニックで働いてきた人は異なる知識を身に着けるべきです。その中でも重要になるのは、メンタルヘルス対策です。

 

厚生労働省の調査によると、1998年以上自殺者は3万人を毎年超える状況が続いています。しかも3万人という数字は表に出ている件数で、親族が隠しているとか事故扱いになっているケースも少なくないでしょうから、実数はさらに増えるのではないかとみられています。その中でも勤労にまつわる問題で自殺しているケースも少なくありません。

 

そこで企業内看護師のメンタルヘルス対策が重要視されるわけです。従業員の様子を観察して、いつもと異なる様子はないか確認してください。そして企業内看護師に相談しやすい雰囲気を作るために努力することも、従業員の精神状態を崩さないようにするために大事です。